禁断? マレーシアの日式ラーメン三つのスタイル

2017-06-27ハラール認証 / ハラール産業, マレーシア進出支援

2013年の年末の朝日新聞デジタルに、インドネシアに進出した豚骨ラーメン店成功の記事が掲載されました。Twitterでもリツイートされ、インターネット上でも注目されたようです。豚やお酒の禁止されているイスラム教徒にとって、豚骨ラーメンは確かに禁断の日本食と言えるでしょう。

マレーシアの日式ラーメンの三つのスタイル

イスラム教の国と考えられるマレーシアですが、現実的には、イスラム教徒が大多数のマレー人(ブミプトラ)が約6割、中国系の華人が約2割、インド系が約1割、その他の民族で構成されている多民族国家です。イスラム教徒以外にとっては、豚骨ラーメンを食べることは禁断ではありません。しかし、イスラム教徒にとって、豚やお酒を口にすることは、日本人が考える以上に避けなければならない行為です。 マレーシアには、もう一つの顔があります。海外からの観光客の誘致に成功している観光立国なのです。国民とほぼ同数の観光客約3000万人が、毎年訪れています。このような背景からマレーシアでは、誰でもが不便なく食事を楽しめると同時に、イスラム教徒の人々が安心して食事できる事が求められます。

1.ハラール認証取得日式ラーメン店

ハラール認証を取得したラーメン店です。ハラール認証とは、イスラム教の宗教的な禁止事項に抵触しない事の公的な認証制度です。この認証を取得したレストランなら、イスラム教徒の人も安心して利用することができます。材料に豚やアルコール由来の食材や調味料を使っていないだけではなく、調理場、調理人等も、ハラールに則っています。日式ラーメンを提供する上では、最もハードルが高いです。

2.ポークフリー日式ラーメン店

豚肉を使っていない事を、自ら宣言しているラーメン店です。イスラム教徒の人に少しでも安心して食べていただくために、豚肉を使用していないラーメンを提供しています。しかしながら、あくまでも自ら宣言しているだけですので、イスラム教徒の方には入りづらいと聞いています。

3.オリジナル日式ラーメン店

基本的に日本のオリジナルレシピで提供されているラーメン店です。豚骨だけでなく、豚やアルコール由来の調味料を使っている可能性が高いです。当然ですが、イスラム教徒の方はターゲットとなりません。外国人、観光客、華人やインド系の富裕層がターゲットとなります。日本の有名店も出店しており、価格は比較的高いです。

マレーシアの日式ラーメンの特徴

ハラール認証ポークアルコールイスラム教徒華人
外国人
価格
ハラール認証
日式ラーメン店
ポークフリー
日式ラーメン店
オリジナル
日式ラーメン店

ハラール認証日式ラーメン店は、誰にでも安心して利用して頂けます。お客様は現地の方中心です。一方、日本オリジナルラーメンは、ターゲットが限られてきます。そのため、出店場所が限られ、価格は高いです。

ターゲットが限られるオリジナル日式ラーメン

オジリナル日式ラーメンを提供しているお店は、価格的にもハラル的にもターゲットが限られてきます。そのため、日本人、外国人、華人富裕層が多いエリア大手ショッピングモール、富裕層の住んでいる地域、観光客の多いクアラルンプールの中心部に出店しています。日本での報道を見ていると、どうしても富裕層対象の有名店の成功に注目が集まりがちです。しかしながら、現地化を志向した日式ラーメンも、着実に拡大しているようです。