書いている人

2017-08-20


橋本 哲史
1965年生まれ。マレーシア、インドネシア、日本を中心に、日本・マレーシア・インドネシア企業とともにビジネスしている独立系コンサルタント。

マレーシア進出支援を始めるまでの経歴

大学卒業後、物流会社に就職。研修生としてアメリカに派遣。帰国後、大学院に進学。大学院を修了後、業界団体⇒専門学校⇒マーケティング会社を経て貿易会社設立。貿易事業が軌道に乗り始めた矢先にリーマンショックが発生し、事業の再構築に迫られる。その後、大学院時代の研究と独立後の経験を活かし、貿易と採用関連の独立系コンサルタントとして活動を開始。

ドバイに果物を売りに行く!!

2010年のある日。日本の農産品を海外で販売するというミッションから、ドバイに果物を売込む事になる。チームの中で最も若かった私が、ドバイに果物をハンドキャリー。果物をハンドキャリーした事から現地での信頼を得て、イスラム諸国とのビジネスの繋がりが生まれる。ドバイでの果物販売に先が見えてきた頃、東日本大震災が発生。すべてのドバイビジネスがストップする。

なぜマレーシア?

2013年のある日。マレーシア、クアラルンプールの事務所運営のお仕事依頼を受け、初めてマレーシアに足を踏み入れる。誰も知り合いのいない中、ローカル企業にメールを送り会ってもらう事から、ビジネス活動を開始する。

マレーシア、インドネシアでムスリムインバウンド営業

マレーシアでの最初のビジネスの一つが、ムスリム向け訪日旅行の企画と営業コンサルティング。イスラム教の基本的な知識しかない中、手探りで旅行企画を立て、マレーシア、インドネシアで営業を行う。このプロジェクトを通じて、多くのマレーシアとインドネシアのビジネスマンとの交流が生まれる。

マレーシアハラール産業のプレゼンテーションを日本語で!!

マレーシアのHalal Industry Development Corporationの友人から、日本人視察団向けのハラール産業のプレゼンテーションを日本語にして欲しいという依頼を受ける。日本語にするためにはハラール産業の基礎知識が必要となり、ハラール産業について学び始める。このプロジェクトをきっかけとして、ハラール産業の可能性に気づく。その後、マレーシアで専門家トレーニングを受け、ハラール産業の専門知識を習得する。

マレーシア、インドネシアでこんなお仕事しています

現在は、マレーシア、インドネシア、日本において、日本とマレーシア・インドネシア企業との共同事業立上げの仕事が多くなってきました。また、ハラール産業の専門家トレーニングを受けている事から、ハラール産業関連のコンサルティング、カンファレンスでの講演等も行っています。

マレーシアでハラール専門家トレーニング受けました

マレーシア、日本でこんな講演させていただきました

マレーシア、インドネシアでのお仕事の依頼について

マレーシア、インドネシアで私の知らない事があったらご教授ください!!

このブログは、私自身のマレーシア、インドネシア、ドバイ等での経験を元に作成しています。間違っていること、私の知らないこと等がございましたら、ぜひ、教えてください。また、何か私に聞いてみたい事がございましたら、お気軽にお問合せください!!

Posted by 橋本 哲史