【ハラールトレーニング】BEST PRACTICES FOR HALAL INDUSTRY–FOOD & FOOD SERVICES

2017-06-26ハラール認証 / ハラール産業, ハラール産業トレーニング

マレーシアのハラール関連の政府公社であるHDC(Halal Industry Development Corporation)が主催するハラールトレーニング「BEST PRACTICES FOR HALAL INDUSTRY – FOOD & FOOD SERVICES」を受講しました。このトレーニングは、ハラール産業の大きな部分を占める食品製造やレストラン運営企業向けの、ハラールの基礎知識とマレーシアハラールスタンダードを理解する為のトレーニングです。

食品関連産業向けハラールトレーニング

トレーニングは、食品関連産業のハラール産業従事者向けに、基礎的なハラールの知識とマレーシアハラールスタンダードを理解する事を目的としています。参加者は、ハラール食品を製造している中華系企業の方、外国企業の方、ローカル企業のムスリムの方等でした。多くの方が、JAKIMのハラール認証を取得した製品を製造したりハラール認証を受けているレストランを運営したりしている企業の、社内ハラールコミッティのメンバーでした。

ハラールトレーニング内容

  • ハラールの基礎概念
  • マレーシアのハラール認証制度

トレーニングでは、産業的視点からハラールの基礎的概念を理解することに、多くの時間を費やしています。実際のハラール産業現場を念頭に置いているため、ハラール基礎的概念の説明においても、実際の現場の例等を織り交ぜて具体的な解説がなされました。

ハラールトレーニングで得られたこと

このトレーニングを受けた収穫は、「どのような状態がハラールであり、どのような事が起こればハラールではなくなるのか」の概念を理解できたことです。ハラールの基礎部分には、宗教的な概念が含まれています。そのため信者でない者が、何かしらの判断をする事ではないです。一方、ハラール産業ということであれば、それは製造・サービス産業の一部であり、生産者及び消費者に対して、明確に定義できなければなりません。このトレーニングを受講することによって、この点を明確に理解できることが、最大のメリットです。

ハラール産業のトップランナー マレーシアならではのハラールトレーニング

産業視点からハラールやハラール認証制度を、具体例を伴って解説できるのは、やはりマレーシアならではです。マレーシアを含むASEAN諸国は、二億人を越えるムスリムが居住する、一大ハラール商品消費地です。その一方で、中東を含めた世界のハラール市場への商品供給地でもあります。このようなマレーシアのハラール産業状況が、非常に具体的なトレーニングを可能にしています。