投資家がハラール産業を牽引する-Sinar Harian

2017-06-26メディア掲載


私がキーノートアドレスで登壇させて頂く、第三回インターナショナル ハラール カンファレンス 2016の紹介記事が、マレーシアの日刊新聞”Sinar Harian”に掲載されました。

 ハラール産業研究とハラール産業を繋ぐプラットフォーム

インターナショナルハラールカンファレンスは、グローバルハラールハブとしてのマレーシアを実現するために、国内外の投資家にアピールすることを期待されています。プログラムの主な目的は、ハラール産業研究とハラール業界の経験を共有し、研究者、学者や業界のためのプラットフォームを提供することです。

同時に、国際的なハラール産業の課題解決の足がかりとして、3名のスピーカーを招聘しています。
(このスピーカーの一人として、今回お話しをさせていただくことになりました。)

今回のカンファレンスは、ACIS UiTMが主催し、イタリアの世界ハラール開発(WHAD)、マレーシアのハラール産業開発公社(HDC)、イスラム開発局(JAKIM)、国際貿易産業省(MITI)の支援を受けています。

ハラール産業研究者、学者、企業、ハラール関連機関等からの参加者が期待され、食品、サービス、ビジネス、教育、研究等、146の研究論文の発表が行われます。

参考 3rd International Halal Conference 2016