ムスリムインバウンドを阻むもの?Mattaフェア参加報告

2017-06-26コンサルティング, ムスリムインバウンド

2014年6月20日-22日に、マレーシアのセランゴール州ペタリングジャヤで開催されたMATTAセランゴール州主催のトラベルフェアに、出展者として参加してきました。私のパートナーであるマレー人社長が運営するManzoku Touristとして、自社企画の訪日旅行、ムスリム訪日インバウンドを行っている京都、白馬、千葉のPRを行いました。

Matta Travel Fairとは

トラベルフェアには、海外観光旅行、国内観光旅行、Umrahと呼ばれる巡礼旅行を販売する地元旅行会社20社程が、参加していました。小さなトラベルフェアでしたので、お客様は多く有りませんでした。その分、関心のある方と長時間お話ししたり、同業者との情報交換ができたことが、非常に有意義でした。

マレーシア人が日本旅行に期待するものは?

  • 自然 (キーワード:雪、富士山、桜・・マレーシアでは見ることのできない自然の景観)
  • テクノロジー (キーワード:新幹線)
  • 文化 (キーワード:アニメ)

マレーシア人が日本で訪れたい所は?

  1. 東京
  2. 北海道(札幌)
  3. 富士山

お話しをした一般の方の多くが、東京、北海道、富士山以外の地名を知りません。訪日旅行経験のある方からは、名古屋、大阪等の地名もでます。しかし、それ以外の方は、ほとんど日本について知らないと言っても良いと思います。

マレーシア人の訪日旅行を阻む課題は?

  • 費用が高い
  • 食事が心配(ムスリムの方)

マレーシアからの訪日インバウンドを阻む最も大きな壁が、旅行費用の高さです。費用の点から考えるとライバルは、ヨーロッパやトルコ等への7-10日程度のツアーと思われます。中華系の方からは、「ヨーロッパと日本が同じ料金だったら、みんなヨーロッパを選ぶと思う」とのご意見を頂きました。

ムスリムの方に限っていえば、日本では食事の不安が大きいようです。マレー系の旅行会社の方からは、「訪日旅行での食事の問題が解決できないので販売していない」「中華系のツアーオペレーターにお願いしているが食事のトラブルがあった」等のお話しを頂きました。

———————

MATTAセランゴールに参加して、マレーシア人のお客様と直接お話しできたことが、最も大きな収穫でした。多くのマレーシア人の方が日本に旅行したいと考えている。そのニーズがあることを肌で実感できました。また、それを阻む課題も明らかになりました。

私たちは、ムスリムの方が安心して訪日旅行を楽しんで頂くために、マレーシアの旅行会社とともにムスリムフレンドリーツアーを企画しています。ムスリムインバウンドにご協力頂けるかたは、ぜひご連絡ください。